総合旅行サービス スタッフ 旅行体験記&お得な旅行情報。。。


by tts_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もう12月ですが、、、

 早いものでもう年末の12月。一年の早い事といったら。
さて、今年は一つ下の部長が書き込みしてる通り、部長が去年
までお世話になっていたお客様に、僕がお世話になりました。
多々ご迷惑も掛け、色々な所にも添乗で行かせて頂いて、
感謝の気持ちで一杯です。
 今回は文章はこれくらいにしておいて、添乗先の写真を載せようと
思います。正解は、また次回に。


e0075922_17172848.jpge0075922_1718010.jpg















e0075922_17273396.jpge0075922_17184734.jpg















e0075922_17334276.jpge0075922_17304874.jpg














ちなみに、国内2枚。海外4枚です。
[PR]
# by tts_net | 2007-12-01 17:28 | 添乗日誌

復活

みなさん、大変ご無沙汰です。松島です。とは言っても、もう忘れられてますかね。以前は事ある毎にブログへの書込みを楽しみにしていたり、添乗業務・を通じて感じた事・風景のご案内などさせて
いただいてたのですが、ここ最近書き込みが出来なくごめんなさい。もう、名前すら忘れられたと思いますがまだこのブログがある限り、責任もって書き続けなければ、と思います。私も最初は反対だったんですけど、逆らえなくて承諾しちゃいましたもんで、このブログを読んでくださる以上頑張って行きますよ。実は5月1日に自宅で体に全く力が入らない事にきずき救急車で市民病院へ搬送され検査の結果脳梗塞を発祥してしまいました。4月26日~30日まで約40名のお客様とタイのバンコクへ行ってきまして、いろいろなことがありなんとか無事に終えた矢先の病気でした。すぐにTPAなどで処置をしましたが、状態は改善されず脳梗塞と診断され一週間ICUにいて一般病棟にうつれたのがGW明けの7日でした。六月に再発防止の手術をうけ6月25日に市民病院を退院後あさひ病院に移りリハビリの毎日でした。入院中は自由のきかない体が嫌になった事もあり楽しくない病院生活でした。毎日が辛く回りが年輩の方ばかりで友達も出来ず、辛い日々がつづきました。先日の10月3日まだまだ左の手足に麻痺が残るものの、職場復帰して頑張っています。元の体に戻るかどうかわかりませんが、これからは入院中支えて下さった皆様の為に一日でも早く添乗業務ができる様頑張りたくなくしかけている信頼を取り戻せる様一日一日を大事に頑張りますので今後ともご支援いただけますよう宜しくお願いいたします。そして添乗の仕事が出来るときが私の復活の時です。それまで、ブログは書き続ける所存です。どうか皆様もその日がくることをお待ち下さい。がんばりますよ~
[PR]
# by tts_net | 2007-10-31 12:50
 いつもこの言葉でブログは始まってる気がします。
「ご無沙汰してます。」
そう、いつもブログが億劫になってしまってます。

 さて、暑い日々が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 僕は、盆休みも終わり、これから秋は添乗が続くので、体調管理に
一番気を遣おうと思ってます(そう言いながら、足を捻挫しましたが)。

 8月の4,5日と兵庫北部の湯村温泉に行って参りました。
湯村は、全国の数ある温泉地でも、最も源泉の温度が高く、98℃も
あります。ここは「夢千代日記」の舞台で、「温泉卵」も有名な所です。


 岡山を出て、津山・黒尾峠で鳥取県智頭で昼食を食べました。
もう!!!すごいの一言。「みたき園」と言う場所で食べたのですが、
もう食べる物も、周りの景色も雰囲気も最高です。
感動しっ放しで、写メを取り忘れたのは、残念でならないです。

 この後、昔の宿場町・智頭で観光を少しして、鳥取市経由で、
湯村へ。
 でも、旅館に入る前に、そこから20分くらい走ったとこにある、
「但馬大仏」を見学に行きました。ここには、3体の巨大大仏が
ありまして、そのでかいこと、でかいこと。大きさは、奈良の大仏を越える
とのことでした。
 これで一日目の観光を終えて、旅館へ。宴会では、いつものように
沢山のお酒を注いで頂き、もうお酒大好きな僕には幸せでした。


 2日目は、豊岡・夕日が浦経由で、丹後半島を西から周りました。
高速道もなく、ひたすら山道・海岸線を走るので、お客さんは、バスで
疲労の色が見えました。ここは、コース作りの反省点でした。

 丹後半島を周りきる直前が、よく知られる舟屋の町「伊根町」です。
ここで昼食を食べて、伊根遊覧船で舟屋見学でした。
でも!!!乗船された方のほとんどが舟屋よりも、餌を求めて寄ってくる
カモメたちに魅せられていたように思います。
 その後、天の橋立で自由散策(と言っても、ほとんどの方が笠松公園に
股のぞきに行きましたが)をして、夜前に倉敷に帰って来ました。
 今回で一番思い出に残った所は、智頭のみたき園です。
もうほんと、いままでの昼食場所ではNO.1でした。

e0075922_17253094.jpg
               ↑但馬大仏!3体おられます。


e0075922_17384277.jpg
            ↑伊根町の舟屋。下部分は自分の手。。
[PR]
# by tts_net | 2007-08-15 17:39 | 添乗日誌

飛騨高山・白川郷

 今日は3時半に起きました。というのも、サッカーのヨーロッパクラブNO.1を
決める大会「CL(チャンピオンリーグ)」の準々決勝があったからです。
大好きなクラブ「インテルミラノ」が負けてはしまいましたが、別の試合を見てました。やっぱり
レベルが高いし、おもしろい事この上ないです。


 さて、4月6,7日と「飛騨高山」に行って来ました。
バスで岡山から行き、約6時間で高山に着き、お昼ご飯を食べました。
高山ラーメンは醤油味で、ごく普通のラーメンだと感じました。
その後、1時間くらいかけ、北アルプスが眺められる「新穂高ロープウェー」に
着きました。
 このロープウェーは2段階式のロープウェーで、頂上の「西穂高口」はなんと、
2,100mくらいの高さがあるようです。登るとまさに絶景で、北アルプスの山々が
一堂に見渡せます。「槍ヶ岳」「焼岳」「笠ヶ岳」「中岳」等、まだ雪の残る山が
見れました。正に絶景で、添乗から帰って、上司に聞くと、夏と秋はロープウェイ
に乗るのに1,2時間待ちだが、紅葉も赤や黄色で大変綺麗だとの事でした。
e0075922_19363359.jpg

                              ↑「西穂高口より見た、「槍岳」

e0075922_19391571.jpg

                              ↑こちらは、「焼岳」。火山です。

 最高の景色を堪能し、その後は、高山に戻り、旅館にチェックインしました。
 宴会の食事は、「飛騨牛」や「朴葉味噌」等のご当地の御食事を中心に
中々の料理でした。

 二日目。
 この日は、午前中は高山の観光をしました。
高山は何といっても、朝市!これが有名です。
日本三大朝市にも数えられ、佐賀の呼子・石川の輪島と並び、そう呼ばれてます。
江戸時代、飛騨全域の政治を行って居た場所「陣屋」と「宮川」という場所で
軒先を連ねて出店が沢山出てました。
 お客さんは自由散策でお買い物・見学をしていまして、僕もこの時間に
色々なお店を見て、「さるぼぼ」という高山のお守り人形を二個ゲットしました。
 
 この見学を終えて、白川街道を通り、約2時間掛けて「白川郷」へと行きました。
合掌集落が存在する白川郷でお昼と見学をして頂き、岡山へと戻ってきました。
 初めて行った場所が多い今回の飛騨高山。
JRで行くことも出来ますし、これから暑くなることですし、皆さん避暑目的でも、
飛騨高山へ行かれてはいかがでしょうか。
e0075922_19522410.jpg

                                 ↑白川郷の合掌造りの家。
[PR]
# by tts_net | 2007-04-11 19:55 | 添乗日誌
 桜も間もなく終わる頃。皆さんは花見をされたでしょうか。

さて、3月22,23日と東京へ添乗で行ってきました。
朝一の飛行機で羽田空港へ行き、大田区の企業を午前中に
向かいました。
皆様、熱心に工場を見学されて、その後は相手先の方々に
質問をされてました。

2時間の視察後、東京湾アクアラインを通って、千葉県へと渡りました。
アクアライン?って思われる方もいるかも知れませんが、「海ほたる」って
言えば分かりますかね。海ほたるは単なる高速道にある「サービスエリア」
なんですがね。

で、話は逸れましたが、アクアラインは20分くらいで通過し、
渡った所の木更津でお昼食を食べました。
木更津は俳優の中尾彬さんの生まれた場所らしく、
昼食処のマッチのデザインも中尾さんが手がけていました。
 ここ、木更津はアサリの潮干狩りが有名らしく、シーズンには
潮干狩り渋滞までできるらしいです。。。

 お昼後は房総半島を南下し、鴨川市は「鴨川シーワールド」へ!
平日にも関わらず、カップルやファミリーが多く、海岸線にあるこの
水族館は、雰囲気が「垂水水族園」に似てました。
鴨川シーワルドはイルカやアシカだったかな?のショーも豊富で、
房総の深海魚なども居ました。
 岡山から、なかなか鴨川に行く人も少ないと思いますが、いい旅館も
ある所ですし、九十九里浜やディズニー等と絡めて、千葉満喫もいいかも
しれませんね。


 さて、シーワールド見学後、2時間くらいかけて、東京まで戻りました。
泊まりは銀座で、新橋駅にとても近い場所で好立地な場所でした。

 夕食は、ホテル内の割烹料理やで食べ、その後は有志で飲みに行かれた
との事でした。東京はすごい街で圧倒されました(^^;


 2日目は鎌倉・横浜観光でした。
鎌倉大仏長谷観音鶴岡八幡宮を観光し、午後からは、横浜の
中華街山下公園赤レンガ倉庫へ。
 みなとみらい地区はカップルばかりでして、デートスポットも充実して
るんだなと思いました。
 これからの季節は過ごし易い時期ですし、皆さんも関東へ旅行へ
行かれてはいかがでしょうか。

 次は、4月6,7日と行った。飛騨高山の旅を報告します。

 p.s.寝違えて、首がとても痛い。。左に曲がりません(苦笑

e0075922_2119365.jpg

                              ↑鴨川シーワールド入場入り口
e0075922_21203618.jpg

                                   ↑鶴岡八幡宮
e0075922_2124544.jpg

                                   ↑鎌倉大仏
e0075922_21262875.jpg

                           ↑赤レンガ倉庫。お買い物が楽しめます。
e0075922_21272759.jpg

                ↑日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が停泊してました。みなとみらいより撮影。
[PR]
# by tts_net | 2007-04-09 21:30 | 添乗日誌
 お久しぶりです。タイトルはある曲になぞらえました。
1/21,22と三重県の伊勢神宮に添乗行ってきました。
去年もこの時期くらいに行かせてもらった、お客さんで、
3台のバスで行きました。

 途中、奈良県の明日香村で観光と昼食を食べました。
蘇我馬子の墓と言われる「石舞台古墳」や「万葉文化館」で
見学。特に後者は、かなり立派な施設で、地下1階と1階からなり、
今度はゆっくり見たいと思うほど見所が沢山ありました。
 その後夕方に伊勢神宮外宮を見て、鳥羽に宿泊しました。
宴会では、お客さんのカラオケを入れる事に終始し、お酌を注ぐ
事があまりできませんでした。

 2日目は、内宮の参拝をしました。皆さん神妙な面持ちで、
ご参拝されてました。
内宮の傍には、「伊勢うどん」や「赤福」の本店等を中心に
沢山のお店が軒を連ねております。
 2日目のお昼は、伊勢より1時間半くらい走った所に
ある英虞湾で船上バーベキューを食べました。
海女さんの実技も見学できましたが、かなり寒そうで
風邪引かないのかなと素朴に思いました。

 年配の方々のお客さんと添乗に行かせてもらってると
いつも思うのが、亡くなったじいちゃん、ばあちゃんを思い出し
余計、力が入ると思った1月の添乗でした。

e0075922_1835312.jpg

                    ↑「石舞台古墳」です。日本版ピラミッドといったところでしょうか。

e0075922_18311296.jpg
                         ↑「内宮」へと続く橋。五十鈴川が眼下に。
e0075922_183741100.jpg
                        ↑「英虞湾」の海女さんの実技。めちゃ寒そう。。。。
[PR]
# by tts_net | 2007-02-17 18:49 | 添乗日誌

旬の味覚

 こんばんは、重本です。本年、2度目の投稿です。
今回は、旬の味覚という事で、ちょっと書いてみます。
今の時期は、やはり、「カニ」と「フグ」を目当てに旅行行かれる方が、いらっしゃいます。「カニ料理」なら、山陰や北陸。「ふぐ料理」なら、山口です。
 僕は、フグのてっちりやフグ刺しを食べたことがないので、早くフグ刺しを箸で、ぐわっと一気に取って食べたいです。
 先日TVで、旅番組をしていて、プロ野球・中日ドラゴンズの落合監督が奥様と福井にトラフグを食べに行ってました。その時初めて福井もフグが有名なのを知りました。旅番組って、結構勉強になるなと思ったので、これからは見れる時は見ようと思いました。
 「フグ」や「カニ」のパンフレット充実しております。是非、ご来店下さい。お待ちしております。
[PR]
# by tts_net | 2007-01-12 19:40 | 営業

年末・年始の過ごし方

 重本です。
 あけましておめでとうございます!
えー、遅くなりましたが、本年もこのブログをご覧になる方が、いる限り書き綴っていきますので宜しくお願い致しますm(__)m
 今回は僕の年末・年始の事を書きます。
29日の会社での大掃除終了後、一端家に帰り、京都まで行きました。
なんたって、京都は大学4年間過ごした所なので、本当に大好きな場所なんです。
 今回は去年同様大学時代のサッカーメンバーで年末サッカーをしようという事になり、今回は僕が幹事だったので、翌30日のサッカーに間に合うよう、29日には友達の家に泊めてもらうため行きました。
 30日のサッカーは上賀茂神社の近くのフットサルコートへ!
メンバーはやはり、関東を中心に、北海道や長野・大阪等、みんな色んな所に就職してるため、集まりは悪かったですが、12名くらい集まりプレーしました。
 やはり、足が重いし、スタミナは以前以上にないため、連続して試合に出るととても辛く、最後の1時間は、観戦してました(笑)。
 その日の夜は、よく行ってた居酒屋で飲みました。
日ハムや日本通運・ブライダルやコンピューター系の仕事に就く友達。
まだ在学中の後輩や、フリーターで仕事を探してる友達も居たりと、様々ですがやっぱり、久々に会えて、話に華がさきました。
 その日の夜は、徹夜マージャンをしました。終わったのは、31日の朝でした。

 そして、31日の大晦日起きたのは、夕方・・・。
初詣で八坂神社に繰り出したんですが、四条大橋から、八坂神社入り口までは、人・人・人で、入場規制をしてました。あの数百メートルの距離なのに、入れたのは2時間後の、1/1の2時です。つまり、年越しは人ごみの中でした。。。
 寒い中ようやく入れた八坂神社での、今年を占うおみくじはなんと、、、、、、
















「凶!!!!!!!!!」


ほんと寒かった、初詣でした。。。

 帰りは、友達含む3人で、年越しそばを、蕎麦屋で食べ、友達の家に帰って、またも徹夜マージャンをしました。
 まあ、このマージャンで、「四暗刻」という、役満をだしての勝利だったので、少し気分を取り戻しましたが。

 まあ、このような感じの年越しをし、元旦には実家に帰り、翌日から、家族で高松・屋島にある「オーベルジュ・ドゥ・オオイシ」という、デザイナーズホテルに泊まりました。フランス料理も美味しく、家族3人で2本もワインを空け満足しました。
 と、こんな正月でした。
 かなり、気分もリフレッシュでき、今年は入社3年目です。今年は、本当に勝負の年だと思ってますので、しっかり営業・添乗頑張ろうと思います!
 皆さんの、ご感想・ご意見お待ちしております。
 本年も「総合旅行サービス」を昨年以上、ご愛顧頂きます様宜しくお願い致します!
e0075922_2023476.jpg

     ↑錦市場を東に歩くとある、「錦天満宮」です。
e0075922_20252448.jpg
     ↑「八坂神社」入り口。めちゃくちゃの人の数でした。
[PR]
# by tts_net | 2007-01-09 20:26
今回は、バス旅行です。 山口県にあります湯本温泉です今回のお客様と、ご一緒するのは久々でしたので、気合を入れての出発です。 しかし、トラブル続きで大変お客様にご迷惑をかけてしまいました。 初日の昼食は、岩国にて中華料理だったですが料理の出し忘れが一品あり、そのことに気づいたのがデザートが出た後だった為、いまさら…と言うことで食事場所の方とお詫びです。 もう少し注意していれば防げた事だった為大反省です  その後は、めがね橋で有名な錦帯橋の見学です。
e0075922_9291597.jpg

その後、秋芳洞と秋吉台を観光して、お宿に到着です。 湯本では非常に評判のよい旅館でもあり、お客様の評判もまずまず。 宴会ではコンパニオンさんを5名お願いしていたんですが、宴会スタート10分前になっても4名しかいないので、確認したところ一人急きょ来れないとのことで、大慌てです。 理由を聞いたところ、身内にご不幸があったとのことでした。 旅行シーズンでもあり、補充も出来ず…  10分前です。 お客様もぼちぼち来られはじめ、仲居さんにコンパニオンをしてもらおうか、フロントの女性にコンパニオンの服をきせて対応してもらおうか、迷ってる時間もなく、結局正直に幹事さんに事情を説明して宴会スタートです。 お客様は「しょうがない」とは、言ってくださったのですが昼間のこともあり、なんとか宴会を盛り上げようとお酒をたくさん頂き自慢の??歌も披露して無事に終了です。 しかし、その後部屋に戻り気がつけば朝でした。(笑)  2日目は多少頭痛もありましたが、下関の海響館を見学後唐戸港から船で門司へ渡り門司のレトロタウンにて昼食、見学後岡山へ向けて出発したのですが、またトラブルです。 
   関門橋
e0075922_1085030.jpg

中国自動車道が交通事故で通行止めです。 開通するのを待つか、迂回するか乗務員さんと相談した結果迂回することに。 多少のロスで事なきです  その後は無事に岡山到着です。
 まあ今回はいろいろな事がありました。 幹事のタカハラさん・オオモリさん 大変失礼いたしました。 有難うございました。
[PR]
# by tts_net | 2007-01-06 09:25
今回は久々の海外旅行です。 とは行っても今回の趣旨はベトナムの方が日本へ研修生として送り出している機関の施設見学と実際に日本へ来られる方の面接などの視察旅行です。
関西空港より空路約5時間30分ホーチミン到着後、研修施設の訪問です  通訳の方を交えての視察には皆様、熱心に研修されている様子。 
e0075922_17405010.jpg

  ホーチミン市内
初日はホーチミン市内に宿泊後、2日目は空路にてシェムリアップです。到着後、私たちを出迎えてくれたのは、カンボジア人のガイド・ウィーさんですと韓国製のプレートの付いていないマイクロバス(どう見ても30年くらい前のものです)
e0075922_1746289.jpg

昼食後、世界遺産のアンコールワットの見学です。 まあとにかく30度くらいある暑さの中歩く歩く。 私も初めてだった為見るもの見るもの感動でした  夕食後、ガイドのウィーさんのバイクでシェムリアップの街を案内していただいた事は、とても楽しかったです。
e0075922_1753021.jpg

  アンコールワット
e0075922_17535327.jpg
e0075922_1754750.jpg

  アンコールトム
800~1300年前の物だそうです。 たっぷり時間を取って観光できました。 夕刻、ぞうに乗って丘の上まで行きプノンバケンの夕陽の見学です。見渡す限りジャングルの中にある、アンコール遺跡群と夕陽が重なる情景は何ともいえませんでしたね。
e0075922_18173.jpg

  プノンバケンの夕陽(実際は夕陽前でした)
夕食はアプサラダンスを見ながらの夕食です。
e0075922_1863885.jpg

3日目も午前中アンコールワットのタ・プロームの見学です。12世紀建立の仏教寺院で、ガジュマルの木々に押しつぶされながらも当時の姿を保っている姿は素晴らしいです
e0075922_18205380.jpg

  その後空路、ホーチミンまで戻る予定でしたが、飛行機の遅れもありホテル到着は夜中になり、お客様もぐったりです。 翌日は市内の企業視察と市内観光です
e0075922_18253287.jpg

e0075922_1826525.jpg

  ベンタン市場
e0075922_18272388.jpg

  ホーチミンの花婿さんと花嫁さん
夕刻、市内を出発して夕食後、空港へ向かい帰路に着きました。
e0075922_1830239.jpg

  市内レスントラン・ソングーのミニステージ
関西空港到着後、貸切バスにて岡山到着です。今回の旅はいろいろな面で勉強になりました。アジアの空港と日本の空港の違いや、ベトナム・カンボジアの人々の日本人に対する考え方
など今後にとても、役に立ついろいろな体験をさせていただけました。
 最後のご挨拶後、お客様から温かい言葉を頂き、とてもうれしかったです。
[PR]
# by tts_net | 2006-12-29 18:37