総合旅行サービス スタッフ 旅行体験記&お得な旅行情報。。。


by tts_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:添乗日誌( 32 )

直島

 中々明けないですね、梅雨。

四国も梅雨明けの発表があったけど、中国地方はまだみたいです。

 今日は、岡山は花火大会。すごく人が多いだろな。ま、僕には無関係ですが。

 さて、7月20日に直島に行ってきました。職員旅行の添乗です。

この日はすごく天候が良く、女性の方が多かったので、アートの島・直島を楽しみに

されている様子でした。

 宇野港から約20分で直島に着いて、まずはベネッセミュージアムへ。

そこまで人も多くなく、ゆっくり過ぎる位鑑賞できた様子でした。

その後、レストランにて洋食ランチを食べ、地中美術館に。

 地中美術館は、モネの代表作『睡蓮』が5枚も飾られていて、中々見ごたえありました。

この美術館は、太陽光をうまく利用してる造りで、建物自体が美術作品でした。

さすが安藤忠雄氏の設計だなと。只、2000円の入場料は高いかなと。

 そして、家プロジェクトという古い民家等を芸術家が改装し、建物丸ごとを芸術品に

する地区に行きました。

 只、ここでは大雨に見舞われ、皆さん傘をさし、せっせと周られておりました。

 実は僕も美術館は好きなので、次は個人的にゆっくり周ろうと思いました。

 そして、今年の秋には関西で『ルーブル展』、今真っ最中の岡山にて『建仁寺展』と

あるので、どんどん行こうと思ってます。

 以上、夏まっさかりの直島の報告でした。
e0075922_1702375.jpg

          ↑ベネッセミュージアムの近くでオブジェを発見!
[PR]
by tts_net | 2009-08-01 17:02 | 添乗日誌

はや一年

久々にブログをみると前回の書き込みから一年。。
今日は日帰りで、琴平に行っておりました。

この4月の時期は、金比羅・金丸座で歌舞伎をしているからか、かなり人が
多く感じました。
朝岡山を出発して、瀬戸大橋を渡り香川県へ。
雨の予想も何のその。天気はすごくよかったです。
丸亀の中津万象園という、大名庭園を散策し、前述の金比羅にて
昼食と入浴へ。このあとは、岡山に帰るだけだったので、
約3時間金比羅でとってたので、785段の石段に果敢に挑戦する人
もおられました。

また続き書きます。明日は朝見送りがあるので、もう寝ます。
外は雨。予想より遅く降ってくれて感謝しよっと。
[PR]
by tts_net | 2009-04-21 00:40 | 添乗日誌

湯村温泉

 GWいかがお過ごしでしょうか。アイ アム 重本です。
さて、4月は日帰りと1泊でそれぞれ、湯村温泉と知多半島に
行かせてもらいました。今回は、湯村について綴ります。
 4月20日に湯村温泉に行ってまいりました。
ここは、本やTVにもなった『夢千代日記』の舞台でもあります。
でも、正直僕は知りません。おそらく、40代・50代の人はご存知かも
しれません。そして、ここは、源泉が98℃と非常に高い事でも有名です。
荒湯という、中心地では、観光客や地元の人が、卵や山菜等を
お湯に付けていました。
 日帰りで入浴と御宴会を楽しんで、出石でそば等のお買い物を
楽しんで、無事岡山に帰ってきました。
e0075922_11461435.jpg
      湯村温泉。夢千代像。後ろに見えるのは、荒湯。ここで卵やさつまいも       をお湯に入れて食べれます。足湯に浸かっている人も見えますね。

e0075922_11485797.jpg
      出石のシンボル、辰鼓楼。蕎麦がとにかく有名な所です。
[PR]
by tts_net | 2008-05-06 11:50 | 添乗日誌

 重本です。桜も散り、これからは、新緑の季節がやってきますね。

皆様は、GWのご予定はいかがでしょうか。

弊社でも、社員の者は色々計画立てたりもしてるみたいですが、、、

僕は予定無しです。。。

 さて、前回の続きを。

 呉を出て、1時間位走って、宮島口へ。

宿泊場所は、宮島だったので、船で渡って、いざ島へ。

 退職されるお一人の方は、初めての宮島の様で、厳島神社の船からの

眺めを楽しまれている様子でした。

 宮島に着いたのは、夕方だったので、その日は、送迎車で旅館へ。

今回の旅館は「宮島グランドホテル有もと」という、島内でも

かなり良い旅館です。

 宴会をし、大浴場に入り、その夜やっていた映画も『それでも僕はやってない』

という、冤罪をテーマにしたものを見て、就寝。

 次の日は、宮島を1時間半程観光をして、三原へ。

 三原では、旬の苺狩りをしました。三原から北部の三次にかけては、

いりいろな果物狩りをしてるので、家族やグループでの日帰り旅行にも

持って来いの所だと思います。

 大の大人(しかも全て男性)で中腰になり、苺を食べる様子は、

中々目に出来ないと思いました。

 1時間位そこに居た後、世羅ワイナリーにて御昼食。バーベキューを

楽しみ、最後のお買い物を終えて、夕方には帰ってきました。

 2日間を通して、お酒を飲む機会が多くて、酒好きの方々には、中々

喜んで頂いたと思います。

 お写真を提供頂いた皆様に感謝し、以下にアップさせてもらいます。

 さて、明日は、山陰湯村へ。来週は愛知・知多半島へ添乗です。

また、載せますので、皆様ご覧下さいね。

e0075922_1448282.jpg

         ↑ 西条の町並みを闊歩 この後は、へべれけに。
e0075922_14494381.jpg
         ↑ これまた、西条。粕を取ってます。
e0075922_14505777.jpg
         ↑ 呉・鉄のくじら館をバックに。
e0075922_1452151.jpg

         ↑ 厳島神社にて。鹿は恐怖です!
e0075922_14551279.jpg
         ↑ 苺狩り。沢山食べました!!
[PR]
by tts_net | 2008-04-19 14:56 | 添乗日誌
 桜も開花宣言し、春の観光シーズンも訪れようとしております。
僕は、花粉症で、一日ロビンマスクです。。

 さて、今月始め3月1,2日に添乗で広島に行かせてもらいました。
 今回の旅行は、職場の有志旅行で、この3月でお二方ご退職される
ということで、それを記念しての旅行という旨もありました。
 まず、朝岡山を出て、東広島の西条に行きました。
 西条は酒蔵処で知られてて、日本三大酒蔵地にも数えられます。
(残り二つは、京都・伏見と、兵庫・灘。)
 町を歩いてると、麹の匂いも嗅げます。そこで、皆様で散策。
3,4つの蔵元に行き、試飲とお買い物をしました。
蔵によって、味の違うお酒を堪能し、最後は、酒粕も沢山買いました。
 皆さん、お酒好きな方が多かったので、少しへべれけになりながら、
バスに戻ったのは言うまでもありません(笑)

 そこから、南のほうにあしを運び、海洋都市・呉に向かいました。
 呉は、明治時代?に日本海軍の拠点になった場所だそうで、
現在も江田島と並び、日本の海軍の重要拠点になってる場所です。
大体人口は、25万人くらいの中都市です。

 そこで、「鉄のくじら館」と「大和ミュージアム」に観光へ。
前者は、去年オープンした所で、実際に使用した潜水艦の中に
入れます。しかも入場料無料!!潜水艦の歴史や仕組み・乗組員が
食べている食事や寝床まで見れて見応え充分でした。

後者は、数年前オープンした展示資料館で、日本最強の大和の縮小版も
常設で飾ってます。ここも、中々の見応えがあります。

 呉は、高速道路が繫がってなく、下道(下水道ではありません)しか
ないですけれど、男性ばかりの40代以上の方でしたら、かなり食いつかれる
良い観光地もあるんだと思います。小さいお子様や女性の方でも、付近に
大型ショッピングセンターもあるので、年齢問わずご案内できる所だと思い
ます。

 さて、第一弾はここまで!次回は「呉⇒宮島⇒世羅編」と写真を書き込みます。
[PR]
by tts_net | 2008-03-29 17:48 | 添乗日誌

もう12月ですが、、、

 早いものでもう年末の12月。一年の早い事といったら。
さて、今年は一つ下の部長が書き込みしてる通り、部長が去年
までお世話になっていたお客様に、僕がお世話になりました。
多々ご迷惑も掛け、色々な所にも添乗で行かせて頂いて、
感謝の気持ちで一杯です。
 今回は文章はこれくらいにしておいて、添乗先の写真を載せようと
思います。正解は、また次回に。


e0075922_17172848.jpge0075922_1718010.jpg















e0075922_17273396.jpge0075922_17184734.jpg















e0075922_17334276.jpge0075922_17304874.jpg














ちなみに、国内2枚。海外4枚です。
[PR]
by tts_net | 2007-12-01 17:28 | 添乗日誌
 いつもこの言葉でブログは始まってる気がします。
「ご無沙汰してます。」
そう、いつもブログが億劫になってしまってます。

 さて、暑い日々が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 僕は、盆休みも終わり、これから秋は添乗が続くので、体調管理に
一番気を遣おうと思ってます(そう言いながら、足を捻挫しましたが)。

 8月の4,5日と兵庫北部の湯村温泉に行って参りました。
湯村は、全国の数ある温泉地でも、最も源泉の温度が高く、98℃も
あります。ここは「夢千代日記」の舞台で、「温泉卵」も有名な所です。


 岡山を出て、津山・黒尾峠で鳥取県智頭で昼食を食べました。
もう!!!すごいの一言。「みたき園」と言う場所で食べたのですが、
もう食べる物も、周りの景色も雰囲気も最高です。
感動しっ放しで、写メを取り忘れたのは、残念でならないです。

 この後、昔の宿場町・智頭で観光を少しして、鳥取市経由で、
湯村へ。
 でも、旅館に入る前に、そこから20分くらい走ったとこにある、
「但馬大仏」を見学に行きました。ここには、3体の巨大大仏が
ありまして、そのでかいこと、でかいこと。大きさは、奈良の大仏を越える
とのことでした。
 これで一日目の観光を終えて、旅館へ。宴会では、いつものように
沢山のお酒を注いで頂き、もうお酒大好きな僕には幸せでした。


 2日目は、豊岡・夕日が浦経由で、丹後半島を西から周りました。
高速道もなく、ひたすら山道・海岸線を走るので、お客さんは、バスで
疲労の色が見えました。ここは、コース作りの反省点でした。

 丹後半島を周りきる直前が、よく知られる舟屋の町「伊根町」です。
ここで昼食を食べて、伊根遊覧船で舟屋見学でした。
でも!!!乗船された方のほとんどが舟屋よりも、餌を求めて寄ってくる
カモメたちに魅せられていたように思います。
 その後、天の橋立で自由散策(と言っても、ほとんどの方が笠松公園に
股のぞきに行きましたが)をして、夜前に倉敷に帰って来ました。
 今回で一番思い出に残った所は、智頭のみたき園です。
もうほんと、いままでの昼食場所ではNO.1でした。

e0075922_17253094.jpg
               ↑但馬大仏!3体おられます。


e0075922_17384277.jpg
            ↑伊根町の舟屋。下部分は自分の手。。
[PR]
by tts_net | 2007-08-15 17:39 | 添乗日誌

飛騨高山・白川郷

 今日は3時半に起きました。というのも、サッカーのヨーロッパクラブNO.1を
決める大会「CL(チャンピオンリーグ)」の準々決勝があったからです。
大好きなクラブ「インテルミラノ」が負けてはしまいましたが、別の試合を見てました。やっぱり
レベルが高いし、おもしろい事この上ないです。


 さて、4月6,7日と「飛騨高山」に行って来ました。
バスで岡山から行き、約6時間で高山に着き、お昼ご飯を食べました。
高山ラーメンは醤油味で、ごく普通のラーメンだと感じました。
その後、1時間くらいかけ、北アルプスが眺められる「新穂高ロープウェー」に
着きました。
 このロープウェーは2段階式のロープウェーで、頂上の「西穂高口」はなんと、
2,100mくらいの高さがあるようです。登るとまさに絶景で、北アルプスの山々が
一堂に見渡せます。「槍ヶ岳」「焼岳」「笠ヶ岳」「中岳」等、まだ雪の残る山が
見れました。正に絶景で、添乗から帰って、上司に聞くと、夏と秋はロープウェイ
に乗るのに1,2時間待ちだが、紅葉も赤や黄色で大変綺麗だとの事でした。
e0075922_19363359.jpg

                              ↑「西穂高口より見た、「槍岳」

e0075922_19391571.jpg

                              ↑こちらは、「焼岳」。火山です。

 最高の景色を堪能し、その後は、高山に戻り、旅館にチェックインしました。
 宴会の食事は、「飛騨牛」や「朴葉味噌」等のご当地の御食事を中心に
中々の料理でした。

 二日目。
 この日は、午前中は高山の観光をしました。
高山は何といっても、朝市!これが有名です。
日本三大朝市にも数えられ、佐賀の呼子・石川の輪島と並び、そう呼ばれてます。
江戸時代、飛騨全域の政治を行って居た場所「陣屋」と「宮川」という場所で
軒先を連ねて出店が沢山出てました。
 お客さんは自由散策でお買い物・見学をしていまして、僕もこの時間に
色々なお店を見て、「さるぼぼ」という高山のお守り人形を二個ゲットしました。
 
 この見学を終えて、白川街道を通り、約2時間掛けて「白川郷」へと行きました。
合掌集落が存在する白川郷でお昼と見学をして頂き、岡山へと戻ってきました。
 初めて行った場所が多い今回の飛騨高山。
JRで行くことも出来ますし、これから暑くなることですし、皆さん避暑目的でも、
飛騨高山へ行かれてはいかがでしょうか。
e0075922_19522410.jpg

                                 ↑白川郷の合掌造りの家。
[PR]
by tts_net | 2007-04-11 19:55 | 添乗日誌
 桜も間もなく終わる頃。皆さんは花見をされたでしょうか。

さて、3月22,23日と東京へ添乗で行ってきました。
朝一の飛行機で羽田空港へ行き、大田区の企業を午前中に
向かいました。
皆様、熱心に工場を見学されて、その後は相手先の方々に
質問をされてました。

2時間の視察後、東京湾アクアラインを通って、千葉県へと渡りました。
アクアライン?って思われる方もいるかも知れませんが、「海ほたる」って
言えば分かりますかね。海ほたるは単なる高速道にある「サービスエリア」
なんですがね。

で、話は逸れましたが、アクアラインは20分くらいで通過し、
渡った所の木更津でお昼食を食べました。
木更津は俳優の中尾彬さんの生まれた場所らしく、
昼食処のマッチのデザインも中尾さんが手がけていました。
 ここ、木更津はアサリの潮干狩りが有名らしく、シーズンには
潮干狩り渋滞までできるらしいです。。。

 お昼後は房総半島を南下し、鴨川市は「鴨川シーワールド」へ!
平日にも関わらず、カップルやファミリーが多く、海岸線にあるこの
水族館は、雰囲気が「垂水水族園」に似てました。
鴨川シーワルドはイルカやアシカだったかな?のショーも豊富で、
房総の深海魚なども居ました。
 岡山から、なかなか鴨川に行く人も少ないと思いますが、いい旅館も
ある所ですし、九十九里浜やディズニー等と絡めて、千葉満喫もいいかも
しれませんね。


 さて、シーワールド見学後、2時間くらいかけて、東京まで戻りました。
泊まりは銀座で、新橋駅にとても近い場所で好立地な場所でした。

 夕食は、ホテル内の割烹料理やで食べ、その後は有志で飲みに行かれた
との事でした。東京はすごい街で圧倒されました(^^;


 2日目は鎌倉・横浜観光でした。
鎌倉大仏長谷観音鶴岡八幡宮を観光し、午後からは、横浜の
中華街山下公園赤レンガ倉庫へ。
 みなとみらい地区はカップルばかりでして、デートスポットも充実して
るんだなと思いました。
 これからの季節は過ごし易い時期ですし、皆さんも関東へ旅行へ
行かれてはいかがでしょうか。

 次は、4月6,7日と行った。飛騨高山の旅を報告します。

 p.s.寝違えて、首がとても痛い。。左に曲がりません(苦笑

e0075922_2119365.jpg

                              ↑鴨川シーワールド入場入り口
e0075922_21203618.jpg

                                   ↑鶴岡八幡宮
e0075922_2124544.jpg

                                   ↑鎌倉大仏
e0075922_21262875.jpg

                           ↑赤レンガ倉庫。お買い物が楽しめます。
e0075922_21272759.jpg

                ↑日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が停泊してました。みなとみらいより撮影。
[PR]
by tts_net | 2007-04-09 21:30 | 添乗日誌
 お久しぶりです。タイトルはある曲になぞらえました。
1/21,22と三重県の伊勢神宮に添乗行ってきました。
去年もこの時期くらいに行かせてもらった、お客さんで、
3台のバスで行きました。

 途中、奈良県の明日香村で観光と昼食を食べました。
蘇我馬子の墓と言われる「石舞台古墳」や「万葉文化館」で
見学。特に後者は、かなり立派な施設で、地下1階と1階からなり、
今度はゆっくり見たいと思うほど見所が沢山ありました。
 その後夕方に伊勢神宮外宮を見て、鳥羽に宿泊しました。
宴会では、お客さんのカラオケを入れる事に終始し、お酌を注ぐ
事があまりできませんでした。

 2日目は、内宮の参拝をしました。皆さん神妙な面持ちで、
ご参拝されてました。
内宮の傍には、「伊勢うどん」や「赤福」の本店等を中心に
沢山のお店が軒を連ねております。
 2日目のお昼は、伊勢より1時間半くらい走った所に
ある英虞湾で船上バーベキューを食べました。
海女さんの実技も見学できましたが、かなり寒そうで
風邪引かないのかなと素朴に思いました。

 年配の方々のお客さんと添乗に行かせてもらってると
いつも思うのが、亡くなったじいちゃん、ばあちゃんを思い出し
余計、力が入ると思った1月の添乗でした。

e0075922_1835312.jpg

                    ↑「石舞台古墳」です。日本版ピラミッドといったところでしょうか。

e0075922_18311296.jpg
                         ↑「内宮」へと続く橋。五十鈴川が眼下に。
e0075922_183741100.jpg
                        ↑「英虞湾」の海女さんの実技。めちゃ寒そう。。。。
[PR]
by tts_net | 2007-02-17 18:49 | 添乗日誌